セフレの作り方

悪質サイトはこんな手口を使う

セフレの関係を望んでいると、どうしても悪質なセフレサイトに登録してしまうことも多いです。
悪質なセフレサイトは、男性の性欲という強い欲求を上手に刺激して、あの手この手でユーザーを騙そうとするものです。

 

こういった悪質サイトに騙されないようにするためには、彼らの常套手段とも言うべき方法を覚えておくことが重要です。
これさえ把握できていれば、それに該当するセフレサイトを利用しなければ良いだけの話ですから、簡単です。

 

 

男性から見て都合の良い条件ばかりが揃っている

 

まず常套手段としては、プロフィールも設定していないのに、登録をすると、ガンガンとメールが送られてくるパターンです。
しかも内容は、即会い・即ホのセフレ関係希望といったもの。

 

他にも、特殊な立場があって、年齢が熟女のカテゴリーに入るから、お礼をさせてもらうから、エッチをして下さいといったものです。
普通の女性というものを考えて、まずあり得ないなと思えるような内容は、100パーセントの確率でサクラの可能性が高いです。

 

悪質サイトの場合、女性ユーザーは、サイトが雇っているサクラのみといったケースが多いですから注意しましょう。
そもそも冷静に考えると、そんな話はあり得ないのです。
掲示板にも書き込みをしていないのに、写メも掲載していないのに、女性からアプローチが来るなんてことはまずありません。

 

 

無料サイトでは徹底的に放置

 

他にも典型的な悪質セフレサイトのやり口としては、無料サイトと有料サイトの両方を保有していて、最初は無料サイトに登録をさせるといったケースです。
無料サイトでは、完全に放置。
ひどい場合には、メールフィルターを掛けて、誰にもメールが届かないようにするといったことをしているサイトも存在します。

 

そして全く返信がない時間を設けさせて、不安が高まった頃合いを見計らい、サクラばかりの有料サイトを紹介して誘導するのです。

 

 

忘れた頃にやってくる

 

最後の手口は、退会してしばらくして、忘れたような頃に、「久しぶりー!」なんてメッセージが届き、スマホが壊れただとか、調子が悪いといって、また連絡取りたいから、ここでやり取りしようと、また新しい悪質サイトへと誘導するパターンです。

 

これは、優良サイトでも、一般会員を装い、悪質業者が使っている誘導手段になりますから、併せて注意するようにしましょう。
一端、アドレスやアプリのIDのなどを知られてしまうと、変更しない限り、ずっと追われることになりますから、こういった内容のメールに添付してあるURLなどを気軽に踏んだりしてはいけません。