セフレの作り方

セフレの作り方〜プロフィールの重要性〜

セフレを作りたいのであれば、セフレサイトを利用すべきでしょう。
リア充でもない限り、日常生活の中で、この手の関係を築くことはとっても難しいものです。

 

また、ナンパなどに慣れていないと異性を見かけることはあっても、それをモノにすることは難しいです。
若い内ならば、合コンなどのお誘いもあるでしょうが、結婚をしたり、中高年ともなれば、そんなチャンスは滅多にありません。
ナンパをするにしても周囲の目が気になるもの。

 

だからこそ、セフレサイトを利用することをオススメします。
ただサイトに登録すれば、すぐに見つかるという訳ではありません。
その使い方をしっかりと把握して利用していきましょう。

 

まずは安心感が大事

 

匿名性が高いことで、セフレという日常生活の中では、公言出来ないような関係も、ネット上では探すことが出来るし、その意思表示をする女性も増えるのです。
しかしながら、匿名性が高いことで、同時に警戒心も強くなるのです。

 

もしかして、自分の知人なのではないか。
犯罪者集団なのではないか。
騙そうとしているのではないか。
無理やり襲うような危険な人間ではないかなどなど。

 

そもそも女性という生き物は、本能的に警戒心が高く備わっているという特徴があるため、まずはこの警戒心を解き、この人は少なくても会っても危ない人ではなさそうだという感想を持たせる必要があるのです。

 

プロフィールの充実

 

前述にある安心感を与えるにはどうすればいいのでしょうか。
最初のアタックメールに、自己紹介を長文にして連ねるのでしょうか。
そのためには、プロフィールを充実させる必要があります。
ありがたいことに、優良サイトの多くは、なるべく人となりを知れるような多くの質問項目をプロフィール欄などに用意しています。

 

ただし、それらを全て答えるだけではなく、自己PRなどの所には、自分の言葉で、普段の口調で自己紹介を記述しましょう。
こういった一見面倒臭い作業をしっかりとすることで、安心感が生まれるのです。

 

 

セフレ募集を明言している女性は危険!

 

プロフィールに肉体関係のみ希望などと書いてもいいですが、そういったことは既婚者などと記述すれば、大体が予測出来るものですから、あまり記述しないようにするべきです。

 

逆にこういった関係を望んでいると明言している女性は、援交や援デリ業者、裏風俗といった業者の可能性が高いですから、気をつけるべきです。
あまりに真っ正直に真面目にというよりも、ちょっと遊び心があり、ノリが良さそうな雰囲気を感じさせるような文章がベターです。