セフレの作り方

セフレの作り方〜ドMちょいブス巨乳〜

セフレ作りのコツは、ルックスなどには、あまりこだわりを持たないということですね。
実際にセフレにした人数は、20人を超えていますが、自分のスペックは、中年オヤジで経済力も高くありません。

 

それなのにセフレが出来たのは、ライバルが低いであろう女の子を狙い撃ちにしているからだと思います。
最近ではちょいブスといったルックスではあるものの、セフレには最高な巨乳の持ち主をゲットできました。

 

メールの文章で分かる

 

ルックスに自身がない子って、出会い系サイトを使っているとだんだんと分かってくるものです。
今回も写真をつけていない女の子に敢えてアプローチメールを送りました。

 

プロフィールにも、過去に実際に出会い系であった男性にひどい言葉を浴びせられたのか、デブスでも大丈夫な人なら宜しくお願いしますなんて書いていることが多いんですよね。

 

アプローチメールでは、こちらもルックスには自信がないけれど、楽しみましょう的なポジティブな文章を書いて、相手の心を満たしてあげました。

 

 

どんどん褒めてあげる

 

ルックスに自信のないという子には、とにかく話を振って褒めてあげることがいいと思っています。
今回も、彼女の考え方や趣味などに対して、いちいちカワイイという言葉を使ったり、女の子らしいねというリアクションを使っていました。

 

しばらくすると、相手の方から、どんどんと話をしてくることになり、もうこちらの褒め言葉がないと生きていけないような状況になってきました。
そこですかさずお互いの写メを交換しようと、プライベートアドレスを交換しました。

 

自分的にはそこまで言うほどのブスとまでは感じませんでしたが、世間一般では下の中くらいのルックス。
でも、当然にそこでもすごくカワイイと褒め言葉。
するとストリップショーが始まります。

 

 

メールエッチをして後は実際にするだけ

 

実は身体には自信があるといい、頼んでもいないのにストリップショーが始まります。
そこからオナニーが見たいといって誘導して、メールエッチ。
もうプライベートアドレスなので、料金の心配はありませんから、ガンガンにメールをしまくりです。

 

最後にメールだけじゃなく実際に見てみたいというと、2日後に待ち合わせが出来ました。
メールエッチまでした仲ですから、後はお互いの感想を言い合い、そのままホテルで密会です。
顔は写真通りにブスではあったものの、推定Gカップはあろうかという巨乳。

 

しかも年齢は24歳ということで、全く型崩れしていないエロボディーなのが最高でした。
ソープ嬢顔負けのパイズリプレイなど、巨乳ちゃんを弄んでいます。