セフレの作り方

無料サイトがダメな理由

セフレサイトを利用する場合、有料か無料かを迷う方が多いと思います。
出会うためだけにお金が掛かるのは馬鹿らしい。
こう考える気持ちは十分に分かります。

 

でも冷静に考えてみると、合コンでもナンパでも、ある程度のコストは掛かるものではないでしょうか。
その過程を同じように踏んでいると考えれば、セフレサイトのやり取りで掛かるコストなどは、大したコストではないのです。
むしろそのコストを出し惜しみ無料サイトを利用してしまうと大変な目に遭ってしまいます。

 

ここでは無料サイトがダメな理由について紹介していきましょう。

 

 

女性会員が少ない

 

有料のセフレサイトに比べ、無料のセフレサイトは、女性会員が圧倒的に少ないのです。
これはピュア系の出会い色が強いサイトでも同じようなことがいえます。

 

無料サイトは、運営に掛かるコストがスポンサーからの広告費などのみで賄われているため、宣伝に掛ける資金が圧倒的に少ないのです。
メジャーな女性ファッション誌や街頭広告など出せるはずもありません。

 

一方で有料サイトの場合、男性ユーザーのみからでも、利用料金を徴収しているため、資金は潤沢です。
これを宣伝広告費に回すことが出来るからこそ、どんどんとフレッシュな一般女性会員が登録をしてくれ、女性ユーザーの数が増えるのです。

 

 

運営が出来ていない

 

他にも無料がダメな理由としては、前述にもある通りに資金不足の状態にありますから、運営に関わる人間の数も、当然に限られてくるわけです。
その限られた人員で、ユーザーサポートをしたり、掲示板などの書き込み管理をしたりといった業務をこなしていくわけです。

 

結果として、援助交際や各種業者などとひと目で分かるような書き込みも、完全に放置されているケースが多いのです。
そういったものに引っかかれば、ユーザーの信頼が落ち、退会が続出するわけです。

 

 

犯罪の温床になりやすい

 

女性ユーザーが少なく、その上で違反書き込みの管理すらも出来ていない。
となれば、悪意を持った人間たちの格好の商売の場所となるのは必定ですね。

 

無料サイトの場合、美人局やアドレス回収業者。
援交目的の未成年から、援デリ業者に至るまで、様々な犯罪集団が利用していることが多いのです。
こういったアクションを堂々と行っても、それに対処出来るパワーを持ち合わせていませんし、マンパワー不足で対処をすることも出来ないのです。

 

返信や書き込みをしているようなユーザーは、かなり高い確率で、前述のどれかといっても過言ではありませんから、普通の素人女性と、セフレになりたいという本来の目的を果たすことは、非常に難しいのです。