セフレの作り方

年齢確認を行う必要について

セフレサイトなどに登録をする場合、年齢確認を行うステップが用意されているものです。
逆にこれが用意されていない利用をするのにフリーパスなセフレサイトに登録すると、とんでもないトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

 

年齢確認は、身分証明書の写メなどを送る必要があり、非常に面倒と思われることが多いです。
しかしながら、このステップを無視すると、セフレサイトを利用することは出来ませんから気をつけましょう。
そもそも年齢確認を行う必要はどういったところにあるのでしょうか。

 

児童は利用出来ないことになっている

 

出会い系サイト規制法の制定に伴い、出会い系サイトは児童が利用をすることは出来ません。
また、児童を異性交際相手として紹介してはいけないということになっているのです。

 

セフレサイトなどは児童が利用するのも、紹介するのも持っての他というわけです。
これが法律で決められているわけですから、真っ当な運営をしているサイトであれば、当然に年齢確認を義務付けているのです。

 

 

条件を満たさないと運営出来ない

 

セフレサイトや出会い系サイトは、別名インターネット異性紹介事業になります。
この事業を運営するには、ある4つの条件を満たさなければなりません。

 

そしてそれに付随する条件が設けられていて、その中に、届け出や利用者が児童でないことを確認しなければならないという文言があるのです。

 

こういった確認を怠ってしまうと、そもそも出会い系サイトを運営することが出来ず、出会い系サイトの看板を下ろさなければなりませんから、多額のコストを支払い、システムなどを構築してサイト運営をしているわけですから、年齢確認は絶対に実行しているのです。

 

 

年齢確認が必要になった背景

 

年齢確認をしても大丈夫なのだとか、免許証や保険証など、悪用されないのかという不安があると思いますが、これをしないと利用が出来ません。
そして優良サイトのほとんどは、生年月日以外の部分は、紙などで見えないようにして撮影することを推奨しており、イラスト付きで、やり方も説明しているので安心です。

 

危険なパターンとしては、クレジットカードでの年齢認証を行っている所です。
暗証番号などは、絶対に記載しないようにしましょう。

 

そもそも年齢認証が必要になったのは、援助交際など、多くの児童が犯罪に巻き込まれ社会問題化してしまったことが原因です。
一部の犯罪者が出会い系サイトを悪意を持って使ってしまったがためのルールですが、年齢確認は騙しでも何でもないので、絶対に行うようにしましょう。