セフレの作り方

セフレの作り方〜女性を想いやる言葉〜

セフレサイトなどを使い、セフレを作りたいのであれば、女性を落とすためのメール術を身につけましょう。
メール術と言っても、そこまで難しいものではありません。

 

例えば、旦那さんがおり、家庭がある女性に対して、夜中や朝の忙しい時間帯にメールをしないといった注意。
こういったことがメール術になります。
メール術以前に気遣いや気配りともいえますが、そういった気持ちは作成する文章の中にも現れるものですから、注意しましょう。

 

 

思いやりが感じられる言葉を

 

顔も知らない、声もしならい異性とセフレの関係を築くわけですから、メールの力が左右するのは、言うまでもありません。
とはいうものの、前述にある通り、何も難しく考える必要はないのです。

 

例えば、乱暴な口調でメールをしたり、反応が薄いなと感じられるようなテンションを下げるようなメール。
こういったものではなく、思いやりを感じられるメールを作成することがセフレを作るための第一歩です。

 

きっと興味や関心がないだろうなと思っている相手の文章に対して、「そうなんだー?」「本当なの?それって!すごい興味あるんだけど」という文章が返ってくれば、リアクションが良いからどんどんとメールしたくなるものです。

 

こういった思いやりが感じられる言葉を使うべきなのです。

 

 

何かしらの不満があるから利用している

 

他にも何かしらの理由があるからこそ、こういったサイトを利用しているわけです。
特にこの手の関係を望んでいることが多い人妻などの場合には、セックスレスだからとか、旦那からは女性として扱われていない。
優しい言葉の一つも掛けてもらえていないといった状況が多いです。

 

それなのに同じようにとにかくセックスがしたいというだけで、相手の話も聞かず自分のアピールばかりをしてきて、自己中心的な印象を与えると、旦那と一緒と思われ、そういった関係を持つ価値がないと判断されるのです。

 

何かしらの不満を抱えているから、このような関係を望むし、サイトを利用しているのだろうという思いやりを持ち、なるべく自分とのコミュニケーションの際には、楽しい時間を過ごさせてあげることが大事なのです。

 

 

出し惜しみはしてはいけない

 

有料サイトに登録をしている場合、相手のペースに合わせていては、どんどんと資金がなくなってしまうと焦るのも分かります。
しかしながら、あまりに事を急ぎすぎると、ガツガツ感が出てきたり、前述にあるような一番大切な思いやりというものを失ったメールを送ってしまうなんてことも珍しくありません。

 

会うまでの我慢と肝に銘じて、出し惜しみをしないように気をつけるようにしましょう。