セフレの作り方

セフレの作り方〜女性に安心感を与える〜

セフレを作るためには、セフレサイトなどのネットでの出会いでも、実際のナンパや合コンなどの席でも、同じような要素を求められるのをご存知でしょうか。

 

相手にとって、メリットのある男である必要があると考え、プレゼント攻勢を送ったり、送り迎えをしたり、経済力の高さや仕事がどれだけ出来るのか。
将来性がどのくらいにあるのかなど、とにかくアピールする方がいますが、これでは正直、いいように利用されて終わりです。

 

特にセフレという関係に発展したい場合には、どういったことに気をつけるべきなのでしょうか。

 

 

安心感が最も大事

 

セフレという関係上、セックスのテクニックがあり、満足させる必要があると考える男性がいますが、これも半分は正解で半分は間違いです。
女性にとって、体をタダで提供しても、一緒にいたいという考えを持たせる必要があるのです。

 

それでは、そこまでしてでも女性が一緒にいたいと思える男性の条件はどういったものがあるのでしょうか。
それは、一緒にいると安心できる男性なのです。
仕事や家庭、恋人などの様々なストレスから、解放されることが出来れば、当然に安心感を感じ、他の男性とは違うスペシャルな存在になれます。

 

男性とは違い、心が満たされないと、女性はセックスをしても、満足出来ないのです。

 

安心感を与えるには?

安心感を与えるには、基本的には、相手の話を聞き、同調や共感をしてあげることです。
男性は、会話をする時に、敢えて対立構造を作り、ディベート形式にすると充実した会話が出来たと満足出来たりするものですが、女性はまるで逆です。

 

否定されている気分になりますし、アドバイスなどをしたりすれば、上から目線で偉そうだし、感じが悪いといったような悪い印象を抱かれますから、安心感を感じる男性とは程遠い存在になってしまうのです。

 

女性は理解者に対して安心感を抱く傾向が高いですから、心の中ではどう思っていようと、相手の考えや意見などには、共感や同調をするように心がけましょう。
会話でもメールでもそれは一緒なのです。

 

聞き役に回ること

 

近年の男性は、自分を抑えるといったことを知りません。
個人主義というか、とにかく自分の意見をとにかく口にします。
会話の中でも、持論を展開して満足をし、ドヤ顔をしているような状況です。

 

これでは女性はつまらないと感じるもの。
そうではなく、とにかく相手の女性に質問をして、こちらが聞き役に回ることが大事なのです。
そして前述に紹介した、同調と共感を示すこと。
これによって安心感を得られることになるのです。