セフレの作り方

自分というキャラクター設定

セフレを作りたい場合、セフレサイトなどのインターネット上の出会いツールを使うメリットは沢山にあります。
その一つが、自分のキャラクター設定が出来るという点です。

 

誤解を恐れずにいえば、匿名性が高いのがセフレサイトの特徴ですから、その中ではどんな人間にもなれるということです。
このことこそが、リアルな出会いの場とセフレサイトなどのイターネット上での出会いとの一番の違いと言ってもいいでしょう。

 

ですから、自分というキャラクターをどのようにするのかは、非常に大事な要素になってくるのです。

 

 

いつもの自分の必要はない

 

嘘をつくのはいけませんが、女性受けの良いキャラクターを演じるのは、間違いではありません。
むしろ積極的に行っていくべきなのです。
超オタクでコミュニケーションも取れず、女性の前では挙動不審。
今までプロ以外の女性とはセックスをしたことがない。
それでもセフレになって下さいなどといって、セフレサイトの女性が手を差し伸べてくれるでしょうか。
答えは否です。

 

普段はそうだったとしても、女性に優しく気配りができて、自分に自信があり、余裕を感じられるような男性にこそ、セフレになっても良いと感じられる男性像ではないでしょうか。
こういったことが分かっているのであれば、そういったキャラクターを自分に課し、演じればいいのです。

 

それを続けている内に、実際に会うまでには、そういったキャラクターを身につけることが出来るのですから。

 

 

キャラ設定をする際の注意

 

キャラクターを演じることは、間違いではありませんが、キャラクター設定をする際には注意が必要です。
それは相手を傷つけるような嘘になるキャラクター設定はダメだということです。

 

雰囲気を作る程度ならばいいのですが、例えば、整形手術でもしない限り、変えることが難しいルックスに関しての嘘をつくこと。
他にも体重や体型といったものも嘘をついてはいけません。
自分の容姿などについては、客観的に正直に相手に伝える必要があるということが前提ですから覚えておきましょう。

 

 

特殊な関係だからこそ出来る業

 

身体だけの特殊な関係であり、その上で相手を必要以上に干渉したり、深入りしないという関係だからこそ、出来る業がこの自分のキャラ設定という方法なのです。

 

この手の関係を築くために、何でもかんでも正直にいう必要はありません。
むしろ、正直に言ってしまうことで、メリットである匿名性が低くなり、トラブルに発展してしまう可能性も高いのです。
二人が会っている時に気持ち良い時間を過ごせれば、何でも有りなのです。